アンティーク風のザッセンハウス

アンティーク風のコーヒーミルは、インテリアにも良いです。

アンティーク風というと、ザッセンハウスの得意とするところですね。

ザッセンハウスには素敵なアンティーク風のコーヒーミルが沢山ありま

すから。アンティークは、見ていて落ち着きますし、お部屋がうんと素

敵になります。それに、今では手に入らない美しいデザインが魅力的で

す。ザッセンハウスのコーヒーミルはデザインが美しいものが多く、

アンティーク風なので、アンティーク好きな方はインテリアに加えてみ

てはいかがでしょうか。私もアンティーク風のコースターをパソコンの

横に飾っていますが、とても落ち着きますし、綺麗なので目に入ると楽

しい気分になります。アンティークの力は凄いですね。ザッセンハウス

のコーヒーミルはデザインもいい上に機能も優れているので、もちろん

コーヒー好きの方にもおすすめです。ザッセンハウスは伝統があります

し。インテリアとして購入する方も、一度はコーヒー豆を挽いてみま

しょう。チェストの上などに置いておいて、友人が来たときにサッと豆

を挽くのもカッコイイですね。

業務用は違う?

近所に新しくできたコーヒーショップがあります。まだ若い
けれど情熱にあふれたマスターがはじめたこだわりのコーヒ
ーショップです。店自体はとても小さくてカウンターを含め
て10人ぐらいしか入ることができません。コーヒーミルも
マスターお気に入りのザッセンハウスが飾られていますが、
それは業務用には使っていない様子。電動の、ちょっと無骨
なコーヒーミルを使って豆を挽いているようです。コーヒー
を挽くときには摩擦熱が有害なのはご存知の通りで、安物の
電動式ミルを使ってコーヒーを挽くと香りもすべて飛んでし
まいます。でも業務用はしっかりとその当たりが計算されて
いるのか、目の前で挽いてもらうと非常に素晴らしい香りが
します。熱を吸収しやすいステンレスの歯を使った業務用コ
ーヒーミルもあります。それだけではありません。さすがプ
ロです。豆を煎るところからずっと眺めていると、豆の大き
さを必ず揃えています。当たり前なのかわからないのですが
どうせ挽いちゃうんだし……と混ぜちゃうようだと素人なん
でしょうね。カリタとかプジョーとかメーカーにこだわるの
もいいですが、しっかりとしたコーヒーの入れ方を勉強する
と、よりおいしいコーヒーライフが送れるはずです。

インテリアにも良いザッセンハウスのコーヒーミル

ザッセンハウスのコーヒーミルはインテリアにもなる素敵な
デザインが特徴です。ドイツの伝統を感じさせる、気品溢れ
るデザインがザッセンハウスも持ち味。アンディークな作り
に木のぬくもりがカフェ気分を演出してくれます。オーソド
ックスな形の手挽きコーヒーミルは、充実した時間を提供し
てくれそう。

ザッセンハウスのコーヒーミルの中でも変わっているのが、
151WB Z-12。ザッセンハウスには珍しく、白のボディで、
取っ手とふちが青いコーヒーミルです。ポップなデザイン
なので、シンプルなお部屋に住んでいる方にピッタリです。
もちろん熱をためない硬質特殊網で出来ている刃を採用し
ているので、コーヒーに優しいです。機能的にも安心出来る
コーヒーミルです。

他のザッセンハウスのミルだと175MZ-09がおすすめ。円柱
型というあまり販売されていないデザインが個性的です。
(携帯用水筒みたいな形をしています)

インテリアとしても使えるザッセンハウスのコーヒーミル。
お気に入りのミルを探してはどうでしょう?

おすすめコーヒーミル〜プジョーから電動まで

おすすめコーヒーミルメーカー、続いてはPEUGEOT(プジョー)
です。PEUGEOT(プジョー)のコーヒーミル、
ノスタルジー841−1はその名のとおりノスタルジックな感
じにさせてくれます。
続いてPEUGEOT(プジョー)のコーヒーミル タンザニア。こ
ちらは艶のある外見が美しいコーヒーミルです。
同じくPEUGEOT(プジョー)のコスタリカ。こちらはベージュ
で木のぬくもりそのままのコーヒーミルです。

PEUGEOT(プジョー)のコーヒーミルは全体的にデザインが素
敵です。ザッセンハウスも然りです。

電動コーヒーミルはKalita(カリタ)から多く出ています。
電動のコーヒーミルは蓋を閉めないと豆を挽かないタイプを選
べばお子さんがいらっしゃっても安心です。ちなみに電動ミル
付きのコーヒーメーカーはZOJIRUSHIやKalita(カリタ)、
TOSHIBA、Nationalなど様々なメーカーから出ていますから、
色々探してみるとよいと思います。お気に入りのコーヒーミル
を見つけてくださいね。

おすすめコーヒーミル〜カリタ&ザッセンハウス〜

おすすめのコーヒーミルメーカーはKalita(カリタ)です。
Kalita(カリタ)のコーヒーミルKH−3は受け皿の部分が円
柱でかわいらしいです。
同じくKalita(カリタ)のオリジナルミル42001はオーソ
ドックスな形です。色がブラックなので男性におすすめです。
同じくKalita(カリタ)のコーヒーミルCT−5はちょっと変
わった形をしています。豆を挽く部分とトレイの部分の間に
足があるのです。コーヒーを挽かない方にもインテリアとして
おすすめです。
同じくKalita(カリタ)のドームミルは豆を挽くハンドルの下
がドーム型になっています。
同じくKalira(カリタ)のナイスカットミルは業務用のコーヒ
ーミルを家庭用に小型化したものです。本格派におすすめ
です。

次はMelittaザッセンハウスのコーヒーミル、154MA Z
−10です。アンティークらしい外見が特徴で、ドイツの伝統
を感じさせられます。ザッセンハウスは気品あるコーヒーミ
ルです。うっとり気分を楽しみたい方におすすめです。

コーヒーの粉はとても繊細

最近はカフェなどでもコーヒー粉が売られていて、ちょっと
コーヒーの味にうるさい方はそれを購入したりしますね。ス
ーパーでもドリップ式のコーヒーが販売され、手軽にこくの
あるコーヒーが楽しめるようになってきました。ちょっと時
間がある時はコーヒー粉でコーヒーを楽しむのも素敵です。
しかし、コーヒーの粉はすぐにしけってしまうということを
ご存知でしょうか?

コーヒーの粉はとっても繊細。実はジッパーで密封しても、
意味がないのです。開封してから3,4日も経つとコーヒー粉
は弱ってしまうのです。それを防ぐにはコーヒー豆をその都
度コーヒーミルで挽くのが一番。コーヒーを粉で飲んでいた
方はコーヒーミルで豆を挽くとその違いにビックリするでし
ょう。

電動のコーヒーミルを使えば手軽ですし、最近は電動コーヒ
ーミル付きのミル付きコーヒーメーカーも販売されています
ので、それを使用すれば更に楽です。コーヒーミルで贅沢気
分を味わってみてはいかがでしょう。

コーヒー豆を挽こう!

コーヒーミルというものをご存知でしょうか?言葉だけ聞くと
分からない方もいらっしゃると思いますが、写真を見ればピン
と来ると思います。

コーヒーミルとはコーヒー豆を挽く器具です。

レバーをぐるぐる回してコーヒー豆を挽くと、下のトレイに粉
が溜まるしくみです。しくみは鉛筆削りと一緒です。この「コ
ーヒーミル」という言葉は家庭用のコーヒー豆挽きのことを指
す言葉で、カフェなどで使用する業務用のものは「グラインダ
ー」と呼ばれます。ここでコーヒー豆について説明します。

コーヒー豆は実は種子なんです。
コーヒー豆は生産されたままの状態の生豆と、加熱・加工され
た焙煎豆の2つに分けられます。私たちが普段手にしているの
は焙煎豆です。コーヒーミルで挽くコーヒー豆も焙煎豆です。
ちなみに焙煎豆は焙煎の度合いによってさらに浅煎り、深煎り
と呼ばれます。

なお日本では倍鮮度を8段階に分け、それぞれの名称で呼ばれ
ることもあります。浅い→深いの順で、ライト、シナモン、
ミディアム、ハイ、シティ、フルシティ、フレンチ、イタリア
ンです。ちなみに深煎りの方が浅煎りより苦いです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。